つい先日までアメリカ男子ツアーの終盤戦が行われておりました。
golf-1282794_1920

残念ながら、終盤戦の松山選手は精彩を欠き、結局年間チャンピオンを逃しました。

ただ、昨シーズンの松山選手はメジャーこそ優勝できなかったものの、準メジャーを2勝し、名実ともにトッププレイヤーの仲間入りをしたのではないでしょうか?


そんなことがつい先日まで行われていたアメリカの男子プロゴルフツアーですが、先週早くも新しいシーズン開幕戦 セーフウェイオープンが行われ、ブレンダン・スティール選手が優勝しました。

松山選手の開幕戦は、来週マレーシアで行われるCIMBクラシックになるそうです。

しかし、早い開幕戦ですね!

まあ、終盤の数試合はフェデックスカップランキング上位の選手しか出ることが出来なかったので、普通の選手は2ヶ月くらいのオフシーズンがあったのかもしれませんが・・・


日本に目を向けると、国内のプロゴルフツアーは男子も女子も終盤戦となってきました。


男子はVISA太平洋マスターズ、ダンロップフェニックス、カシオワールドオープン、JT日本シリーズと大きな試合が続いたあとオフシーズンになります。

年々男子ツアーは試合数が減っているようですが、来年は大丈夫ですかね?

今年と同じようなスポンサーが獲得できれば、来年の開幕は4月。

日本ツアーに専念しているプロは4ヶ月以上オフシーズンがあるんですね!


女子はTOTOジャパンクラシック、伊藤園レディス、エリエールレディス、リコーカップと続きます。

女子ツアーの場合は、人気がありますから来年も同じようなスポンサーが獲得できるのではないでしょうか?

そうなると、来年の開幕は3月。オフシーズンは約3ヶ月と言うことですね。

ひょっとして、オフシーズンの短さはツアーの人気のバロメーターなのかもしれません。


来シーズン(いや、アメリカは既に今シーズンですが)松山選手の更なる活躍に期待ですね!

そして、女子でも引退した宮里藍さんのようにアメリカツアーで優勝する選手が出てくることに期待します。
golfer-2093095_1920