10月10日、日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う政府の準天頂衛星みちびき4号機を搭載したH2Aロケット36号機が、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。

衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功したそうです。

おめでとうございます!

来年4月から4基による本格運用となり、位置情報による誤差はこれまでの10メートルから最小6センチになるとのことです。
ということは、既に3基は運用されているんですね! 知りませんでした。

ニュースで読む限りは、将来的な自動運転などには大きな効果があるようですが、ゴルフで使うGPSタイプのゴルフナビも精度が上がるのでしょうか?
20170923_001054000_iOS

以前報告しましたように、私が使っているアプリタイプのゴルフナビ(GPS使用)も、友人が使うGPSタイプの距離測定器も、私の知る限りでは概ね正しく測定できます。
過去のブログ→【ラウンドギア】ゴルフナビや距離測定器を使っていますか? ゴルフナビ“ゴルフな日”
過去のブログ→【ラウンドギア ラウンド報告】ゴルフナビ“ゴルフな日”をコースで使いました!

まあ、私の技術では1メートル刻みで打ち分けることなど出来ませんから、数メートルの違ってもそんなに大きな問題はありませんが・・・

しかし、技術が高い人には精度が上がるといいこともあるのでしょうね!?


私は、位置情報とともに自動運転が進化して、車の中で寝ていてもゴルフ場から帰ってくることが出来るようになるといいんだけど!!!